何から始める?フランチャイズで開店するまでのプロセス

業種の選定や資金の準備が必要になる

フランチャイズビジネスとして最も知られているのはコンビニエンスストアかもしれません。都市部であれば非常にたくさんあります。新店舗もどんどん開店していますから、成功しそうにも見えます。コンビニエンスストア以外にもたくさんのフランチャイズはあるので、行いたいのであればまずは業種を選定した方がいいでしょう。コンビニエンスストアは自由度があまり多くありませんが、飲食店だと一定範囲で自分の判断が入れられるところもあります。業種の選定以外に必要になるのが資金の準備です。開業費用の全てが必要なわけではありませんが、0円で行えるところは少ないでしょう。最低300万円ぐらいの資金が必要になるフランチャイズもあるので、一定金額を用意しないと行けません。

フランチャイズが行う説明会などに参加する

コンビニエンスストアにはいろいろな張り紙があります。よく見るのはアルバイトの募集ですが、それ以外に見かけるのがオーナー募集です。そのテンポのオーナーを募集しているわけではなく、起業を希望している人を募っているようです。よく見てみると、オーナー説明会なるものがあり色々な話を聞けます。フランチャイズで起業したいのであれば、各フランチャイズが行うオーナー説明会に参加してみると良いでしょう。フランチャイズで気になる所としては、ロイヤリティーの問題であったり、自己資金の問題などがあります。それらの内容も聞けますし、個別の質問なども受け付けてくれます。コンビニ以外などでも定期的に希望者に対して説明会が開かれています。